MENU

収入証明書が即日融資キャッシングの鍵

キャッシング利用の際に提出する収入証明書が、即日融資できるかどうかのキーポイントになることがあります。

 

キャッシング契約前に必ず提出する書類は、本人確認書類と収入証明書類です。もちろん一部のキャッシングでは、別に提出する書類の指示を受けるケースもあります。ただ、大手消費者金融や銀行カードローンなどの、キャッシング商品で必要な提出書類は2種類です。

 

ここで、気を付けたい点として収入証明書は、希望する限度額によって提出しなくてもよいことがある点でしょう。

 

消費者金融で限度額50万円以下を希望するなら、収入証明書はいりません。銀行はカードローンによってそれぞれ決まっていますが、100万円、200万円、300万円以下なら提出不要のものもあります。

 

本人確認書類は運転免許証や健康保険証ですから、自分で持っていていつでも準備できる方がほとんどでしょう。手間なく提出できるはずです。ただ収入証明書は、源泉徴収票や給与明細、納税証明書などを指定しているキャッシングが多いです。手元にある方もいれば、「どこに置いたかな?」とさっと思い出せないこともあるでしょう。

 

急いで借りたい時には、この少しの提出書類の違いが大きな違いとなることもあります。限度額は自分が必要としている額や、申し込み前の返済シミュレーションなどを目安に決定して申し込むことになるでしょう。

 

消費者金融なら総量規制額(年収の3分の1まで)も重要です。即日融資を前提とするなら、あえて収入証明書を提出しなくてもよい限度額で申し込んでみるのも、一つの方法です。